トゥレット症候群も療育によって症状の改善をしていくことができます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-09-20

発達障害の1つであるトゥレット症候群は、脳機能障害により起こるもので、
神経伝達物質のドーパミンの過剰活動が原因とされています。
主な症状はチック症状で、まばたきや首振りといった運動チック。
咳払い、鼻を鳴らすといった音声チックなどがあります。

有名人や芸能人で現在活躍されている人たちで
トゥレット症候群を持っている方もいるので、1つの個性として考えることも大切ですが、
他の障害と併発していることも多いので注意が必要でもあります。

自閉症やADHDなどの発達障害と同様に、
先天性の脳機能障害によるものなので完治することはありませんが、
適切な療育によって改善していくことは十分に可能です。

私たちの放課後等デイサービスでも、障害を持つ子ども達に療育を提供しています。
主に運動療育、学習サポートなどを行う総合教室です。
運動療育では、脳科学でもしっかり実証されている有名な運動プログラムを用いて
1人1人の発達段階に応じたカリキュラムを作成し、
子ども達が楽しく無理なく積極的に取り組めることを大事にしています。

日々の積み重ねで子ども達は確実に成長していきます。
子ども達の成長を応援する教室を、私たちと一緒に作っていきませんか。
教室は全国にフランチャイズ展開していますので、ぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.