ダウン症児も早期の療育で精神的、身体的機能に効果があります。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-19

療育は、障害を持つ人の精神的、身体的機能を引き出し、
伸ばしていくための治療教育です。
障害によって症状や程度は千差万別なので、
それぞれに適した内容の療育を行なう必要があります。

ダウン症も、病気、障害など様々な解釈の仕方がありますが、
重度の合併症を持っていない場合は早期の集団教育が望ましいといわれます。
ダウン症では全ての発達がとてもゆっくり進んでいきますが、
その子の特徴に合った療育を受けていくことで、
1つずつできることが増えていくことでしょう。
ただ、根気良く訓練することが必要なのでできるだけ失敗経験を減らし、
本人のやる気を削いでしまわないように配慮しながら行ないます。

私たちの放課後等デイサービスでもダウン症を持つ子に療育を提供しています。
1人1人にあわせたカリキュラムで進めていくことができ、
専門知識を有した職員が対応するので安心です。
子ども達のできることが少しずつでも確実に増えていく喜びを感じながら
日々の活動ができる素晴らしい教室です。
ぜひ、フランチャイズを始めて一緒に子ども達を支援していきましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.