放課後等デイサービスのフランチャイズにはダウン症で運動制限があっても通えます。

2015-11-20

胎児のダウン症は、エコー検査でもかなり特徴がわかるようになってきました。
体の大きさ、手足の短さ、心臓疾患、首の後ろのむくみなどがエコー検査で見ら
れる特徴です。

ただ、診断はちゃんと検査を受けなければできません。
ダウン症がある場合、成長が遅いので、
生まれてきた赤ちゃんも小さめのことがほとんどです。
また、筋力が弱いので、ハイハイや歩き始める時期も遅くなります。
精神発達の遅れ、こだわりが強いこともあるので、
本人や周囲がストレスを感じることも多くなるかもしれません。

発達障害を持つ子どもは健常児よりもストレスを強く感じることがわかってい
ます。
少しでも早く療育を行い、子どもの日常生活の能力を上げてあげましょう。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでは、子どもの5年後10年後のために、
体と脳を育てる運動遊びを提供しています。
この運動遊びで小さな成功体験をたくさん積むことにより、
やる気や達成感が育まれ、それは日常生活でも役立つ力になります。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.