ダウン症のほとんどは遺伝ではないようです。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-01-12

ダウン症もいくつかの種類に分けられますが、
転座型と呼ばれるもの以外はあまり遺伝性はないようです。
もちろん、まったく遺伝しないということではないので、
両親のどちらかがダウン症の場合は、頭においておいても良いかもしれません。

ダウン症は見た目でわかる特徴も多いので、
生後すぐにわかることがほとんどです。
体の関節や筋肉が弱かったり、心臓や眼などに異常があることも多いので、
早めの対処が必要になります。
そして、療育活動も積極的に取り入れることがとても大切です。

私達の放課後等デイサービスでは、ダウン症の子も受け入れ、
運動支援や学習サポートなどの療育を提供しています。
首の関節などに気をつけなければいけないダウン症児ですが、
私達の運動プログラムではその子に合わせた段階の運動遊びを提供できるので、
無理なく行うことができ、脳活動の活性化を促すことができます。
知的障害もあるダウン症児はすべての発達がとてもゆっくりですが、
脳が活発に動くことで脳機能が上がり、日常生活でのレベルアップも期待できます。

効果的な運動療育プログラムでダウン症児のサポートもしてあげられます。
あなたも放課後等デイサービスのフランチャイズを始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.