ストレス値の高い発達障害の子ども達のストレスを療育によって軽減することが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-01-05

発達障害のある子ども達は、日頃からストレスが高い状態にあります。
実際に尿検査でストレスホルモンの値を測ると、値が高い状態なので
ストレスや緊張状態を少しでも和らげてあげる必要があります。

緊張状態を解いてあげる1つの方法として、指先や足先を動かすような
運動遊びを取りいれることも効果的です。
こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムは
手先足先を使った遊びが豊富で、子ども達が楽しく療育に
取り組むことができるように様々な工夫もしています。

運動あそびによる療育活動を通して、体の発達だけでなく日常生活で必要な
社会性やコミュニケーション能力の発達、語彙力、集中力、判断力などの
発達を促し、できることを増やして自信をつけていけるようにしています。
子ども達が自分に自信を持つことが、療育活動ではとても大切なことなので、
1人1人に合わせた療育カリキュラムで子ども達をサポートしています。

また、ストレスが多い理由の1つとして感覚過敏の問題もあります。
発達障害の子ども達は、自分の気持ちや感情などを人に伝えるのが苦手なことが
多く、感覚は他の人には理解しにくいことなので、子どもをよく観察し、
原因を見極めてあげることも大切です。

子ども達の不安やストレスを減らし、暮らしやすくなるように支援する
放課後等デイサービスの教室をフランチャイズで始めてみませんか。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.