事業の立ち上げから1年で急成長させた実績とノウハウ

弊社が放課後等デイサービスをスタートさせたときは、とても小さな小さな会社でした。ちょうどタイミングよく、知り合いの保育園の園長先生から紹介されたのが、放課後等デイサービスです。

「障がいをもつ子どもたちが増えてきているから、放課後等デイサービスは今の時代に大きな需要があるよ!」という一言がキッカケでした。まったくのゼロからのスタートだったので、ネットで情報を集め、何とか事業の内容を把握して、手探り状態で動き始めました。準備金は100万円ほど。そこに、銀行から創業融資で500万円の合計600万円で開所しました。

私たちの第一号店は、平成23年11月に東京都八王子市に開所しました。当時でも、市内には50箇所の施設があり、激戦区と言われる地域でした。私たちが、なぜ激戦区といわれる地域に出店したのか。

その理由は、私たちの療育プログラムに、どれほどの集客力があるのかをチャレンジしてみたかったからです
出店した場所は、駅から歩いて20分ほどの住宅地。決して、良い立地とは言えない月13万円のマンションの2階部分に位置するテナントでした。

私たちの教室から歩いて10分のところには、同じ放課後等デイサービスの教室が4つもありました。
それでも、私たちの教室は、最初の月こそ利用者が少なかったものの、2ヶ月目からは毎日のように問い合わせが入り、5ヶ月目で定員がいっぱいになり毎日10名の子どもが通ってくれるようになりました。その結果、開所して5ヶ月で月250万円ほどの売上げになりました

1つの教室が軌道にのったので、その勢いに任せて、矢継ぎ早に2店舗目(茨城県)、3店舗目(長野県)を出店しました。今では、1つの教室で毎月250~300万円の売上げになり、コロナの影響も受けず安定した経営ができています

最初の教室をオープンして1年で年商1億円ほどの事業に成長しました。これは、私たちの療育プログラムだけでなく、常により良い療育を提供してくれた職員と一緒に良い教室を作り上げられた結果です。一人ひとりが先生としての自覚をもち、日々の療育に取り組んでくれれば、どの地域でも選ばれる教室を作り上げることができるでしょう。

なぜ、私たちの放課後等デイサービスが選ばれるのか?

弊社が直営教室を成功させた一番のポイントは、職員一人ひとりが先生としての意識をもち、職員同士が一致団結して、一つのチームとして教室を運営していくことができたからです。その結果、私たちの教室は、安全で楽しい総合的な療育を提供する教室としての評判が広がっていくようになりました。私たちの療育プログラムのベースになっている柳沢運動プログラムは、テレビや雑誌からの取材を多く受け、ニュース番組で特集を組まれるほど子どもの発育発達の分野では高く評価されています

保護者の方からも、大きな信頼を得ており、その信頼が、他の教室には負けない集客力と安定した売り上げに繋がっています

保護者からの評判が良いので、新しい教室ができると、口コミであっと言う間に利用者が集まるようになりました。多くの新規の利用者を獲得できることは、事業をスタートする際に何よりも重要なポイントになります。

放課後等デイサービスは、高齢者のデイサービスとは違い、保護者の方が通わせたい教室を探して、教室と直接契約をすることができます。保護者と施設の間に計画相談などの他社が入ることが無いので、新規利用者を早く獲得することができます。ここ数年で、たくさんの教室がオープンして、業界として成熟しつつある今だからこそ、しっかりとした療育プログラムをもつ教室が選ばれるようになってきました。質の高い療育を提供して、職員と良いチームが作れれば、おのずと利用者が集まるので、参入するには良いタイミングと言えます。

1年で≪年商2,000~3,000万円≫の教室になるよう、できる限りのサポートをします!

申し訳ありませんが、お金儲けのためだけに開所することを考えている方は、当社ではお断りしております。しかし、経営がなりたたなければ、良い人材の確保や良い療育を提供することができません。ハイレベルな教室にするために、あえてお金の話をさせていただきます。

私たちの1店舗目が5ヶ月で定員がいっぱいになったことに関して、詳しく説明します。

私たちの教室の定員は1日10名です。5ヶ月目の利用者は、1日10名でした。
1人の利用料が、1回約1万円ちょっとなので、10名だと、約12万円/日の売り上げになります。1ヶ月27日の営業として、単純計算で約300万円/月の売り上げになります。経費は約160万円(人件費、テナント代など)ですから、単純計算で約140万円が利益です。

ただ、何度も言いますが、私たちの事業は、福祉事業だということをお忘れなく。一番の受益者は、子どもとその保護者の方でなければいけません。

しっかりとした経営をすることで、職員の質が高まり療育が充実すると考えております。
厚生労働省が定めている運営基準やガイドラインを遵守しながら、社会貢献ができる素晴らしい事業です。

他のフランチャイズに比べて、私たちのフランチャイズが魅力的だと言える理由

ある高齢者デイサービスのフランチャイズは、開所するために1,500~ 2,000万円、飲食店だと3,000万円ほどが必要である言われています。

それに比べると私たちの放課後等デイサービスの教室は、その半分くらいの金額で始めることができます。もっとも、私たちは、安全面には最大限の配慮をしています。必要に応じて備品を整備していく必要がありますが、最初は跳び箱、マット、鉄棒、フラフープなどの運動の用具などがそろっていれば、私たちの運動療育は実施できます。高額のトレーニング・マシーンを導入する必要はありません。

更なる向上を求めてプログラムの開発をしています!

今から、40年ほど前から、私たちは子どもたちの発育発達に関する研究を行ってきました。
最初の頃は、一般の子どもたちの体作りのためのプログラムを作成して実施していました。

しかし、より良いプログラムをお届けできるように、近年は発達障がいといわれる自閉症やADHDの子どもたちに特化したプログラム開発をして、脳科学でその効果を実証しています。「脳科学なんて必要ない」という放課後等デイサービスのフランチャイズ業者を見かけますが、療育としての効果があり保護者の信頼を得るという意味では、アンケート調査や人文学的な手法による調査よりも、生理データを取得した研究データのほうがアピールしやすいのではないでしょうか。