ADHDは先天性の発達障害ですが、生後すぐに診断がつくことはありません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-06-04

ADHDは先天性の発達障害の1つですが、
発達の段階で症状が出始めてからでなければ
診断がつかないので、生後すぐに診断されるということは
ありません。
何歳になれば診断がつく、というものでもないので
診断される年齢はまちまちですが、
療育はできるだけ早い段階で開始することが大切です。

療育は診断がなくても受けられるので、
発達について気になることがあれば相談してみるのが
良いと思います。
もし発達障害なら早期の療育による効果は大きくなり、
本人やご家族の不安やストレスも軽減していくことが可能です。

また、私達の放課後等デイサービスは送迎があるので、
保護者の方の負担を減らし、安心して通っていただけます。

私達の教室は、全国にフランチャイズ展開していますので、
興味をお持ちの方はぜひ、下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.