放課後等デイサービスのフランチャイズで発達障害の子ども達に効果的な療育を提供しましょう。

2016-06-14

アスペルガー症候群の大きな特徴は3つあります。
「コミュニケーションの障害」「対人関係の障害」「特定の物事への強いこだわり」です。
アスペルガー症候群では知的な遅れはないので、
表面上会話はできますが、言葉の裏側を読んだり先を推測して理解したりすることは苦手なので、
曖昧な表現ではわからなかったり、比ゆ表現をそのまま受け取ってしまったりします。
そして、場の空気を読むことが苦手なために、相手の気持ちを考えた発言や
場の雰囲気を壊すようなことを平気で言ってしまい、
良好な対人関係を作ることが難しくなってしまいます。
これらの症状は、本人にはまったく悪気はないので、
それによって自分も深く傷ついてしまうことが多くなります。

発達障害の原因は先天性のもので、薬で治療して完治するものではありません。
上手に付き合いながら、困る症状は抑えられるようにし、
反対に強みとして活かせるところは伸ばしていけるような療育を受けることが大切です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、発達障害を持つ子ども達に療育を提供しています。
日常生活で必要な能力を身に付けてレベルを上げながら、
将来社会に出て自立して生きていくことができるように支援しています。
その子に合った療育は、必ず子どもの成長につながります。

教室は全国にフランチャイズ展開しています。
教室を増やし、子ども達のサポートを広げていきたいと思っています。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.