個々に合った療育で多くの生活スキルを獲得することができます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-13

自閉症は、生まれつきの脳機能障害で治療法は確立されていません。
しかし、適切な療育を受けることで様々な能力を伸ばすことができ、
社会への適応力を上げ、多くの生活スキルを身につけていくことができます。

療育では、その子の特性を細かく理解することがまず必要になります。
苦手なもの、パニックを起こす原因になりやすいものを排除し、
指示をするときには、たとえ言葉がしっかり話せている子でも
その子が理解しやすい方法での伝えかたをするようにします。
文字が理解しやすければ言葉カードを使ったり、
写真、絵カード、グラフなどその子が認識しやすい物を用います。
理解できていない状態では、次のことへうまく切り替えができません。
強いストレスや不安を感じると、パニックや自傷行為、他害行為などにつながるので、
周囲の人の理解や、環境調整が大切になります。

私たちの放課後等デイサービスでも、勉強会を行なったり
全員で情報共有をして子ども達により良い療育を提供できるようにしています。
教室では「脳機能を上げる運動療育プログラム」を用いた運動療育を中心に、
学習サポートなど様々な形で子ども達を支援しています。
運動療育は、個々にあわせた内容に調整でき、
運動遊びなので子ども達は楽しく取り組むことができて好評です。

教室をフランチャイズで始めてみたい方はしっかりサポートいたします。
いつでもご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.