放課後等デイサービスのフランチャイズで発達障害児の支援ができます。

2015-11-25

2014年5月かに、日本精神神経学会により、疾患名の変更が行われました。
「注意欠陥多動性障害(ADHD)」を「注意欠如多動症」
アスペルガー症候群は、単独の疾患としての区分がなくなり、
「自閉症スペクトラム症」になるなどの、名称変更が行われました。

差別意識を生まないためという意味があるようです。
確かに、聞いた人のイメージは変わるかもしれません。
しかし、もっとも大切なことは障害を持つ人への支援です。

先天性のものである発達障害は、現在根本的な治療方法はありません。
そこで、周囲の理解やサポート、療育などが必要になってきます。
まずは発達障害の症状や特徴を知り、それに合った対応をすることで
発達障害の症状が軽減され、社会生活がしやすくなります。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでも療育活動をしています。
発達障害の種類や、運動、学習のレベルに関係なく、
それぞれのお子さんに合わせた内容を提供できるので、
子どもは楽しく取り組め、保護者の方も安心して通わせることができます。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.