ADHDなどの発達障害には生活環境の調整で刺激を少なくしましょう。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-07

ADHDを持つ子の特徴として、1つのことに集中しにくいということがあります。
何かの課題をこなそうと思っても、他の音や目に入ってくるものなどの情報を
さえぎることができないのでなかなか終えることができません。
これは脳機能の問題によって五感からの情報をコントロールできず
そのまま全てが入ってきてしまうためなので、
勉強などで集中しなければいけないときには周囲を片付け、
テレビや音楽は消し、刺激になるものをできるだ排除することが大切です。
また、一度にこなす課題の量は少なめにして休憩もこまめに取ります。
そうした配慮によって本人の自尊心を低下させることを防ぎ、
勉強や作業への意欲を高めていくことができます。

私たちの放課後等デイサービスの教室でもこのような配慮を心がけ、
環境調整をしながら療育活動を提供しています。
大事なことは子どもの特性を理解し、その子に合った療育を提供することなので
保護者の方との情報交換もしっかり行うようにしています。
保護者の方と一緒に子どもを見守り、成長を一緒に喜べる教室です。
ぜひ、フランチャイズを始めて子ども達の笑顔を増やしていきましょう!

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.