4歳児のアスペルガー症候群のサインはこれです。放課後等デイサービスのフランチャイズで療育の提供を。

2016-01-20

アスペルガー症候群は知能や言葉の遅れがないので、
年齢が低いほどアスペルガー症候群だと診断することが難しく、
むしろ知能が高いこともあるので発見するのが遅れることも多く、
少し変わった子と見られてしまうこともよくあります。

4歳頃にアスペルガー症候群の子どもが出すサインは、
・多動で集中力がない
・マイペースで孤立している
・空気が読めない
・猫背など、姿勢の崩れ
・得意なことでは天才的に能力を発揮する

このような特徴があります。
これらのことは療育である程度軽減できていくので、
早い段階で取り入れてあげることがとても重要になります。

私達の放課後等デイサービスのフランチャイズで提供している
運動療育プログラムは、さまざまな発達障害の子どもに対応できます。
スモールステップをたくさん積むことができるようになっているので
たくさんの達成感を感じながら無理なく取り組めます。
そして、楽しく運動することで脳の機能が上がることがわかっているので、
身体能力とともに脳の活動も上げることができます。

子どもの心と体の成長を促す、すばらしいプログラムです。
適切な療育で、子ども達の能力を最大限に伸ばしてあげましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.