1クラスに数人いると言われる発達障害の子ども達に適切な支援を。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-05-13

発達障害には、ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)など
いくつかの種類があり、単独の場合もあれば
複数の発達障害が合併している場合もあります。

そして、発達障害を持っている子ども達は
学校の1クラスに数人はいると言われています。
ただ、発達障害の種類や症状の程度、特性などは個々に差があり、
全員が専門機関で診断を受けているとは限りません。
様々な理由で、発達障害の特性がありながらも
診断や支援を受けられていない子ども達も多くいます。

大事なことは診断の有無ではなく、
生活で困難を感じている子ども達を支援することです。

私達の放課後等デイサービスでは、
発達障害やその傾向がある子ども達に療育を提供しています。
運動療育を主軸とし、学習支援など様々な形で支援をしています。

療育を受けることで、落ち着きのなかった子どもは落ち着いて
活動ができるようになり、かんしゃくやパニックの多かった子は
感情のコントロールができるようになっていきます。

発達に凹凸のある子ども達の成長、発達を促す教室を、
フランチャイズで始めてみませんか。
教室運営に興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。
私達がサポートします。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.