適切なケアでアスペルガー症候群での心の病気を防ぎましょう。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-22

自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害は、
大人になって自然に治るものではなく、現在は薬で完治するものでもありません。
そこで、本人や周囲がそのこと理解し上手につきあっていくことや、
症状を軽減させて生活がしやすくなるように、早めの療育を行なうことが大切になります。

発達障害の症状により、幼い頃から注意や叱責を受けることが多かったり
自分は周りの子と比べてできないことが多い、
仲良しの友達ができない、相手を怒らせるようなことばかり言ってしまう、
このようなことは年齢を追うごとに本人のストレスになり、
情緒障害やうつ病のような心の病気も合併してしまうことにつながります。
そのような二次障害を避けるためにも、早期の気付き、療育が必要不可欠です。

私たちの放課後等デイサービスでも子ども達の本来持っている力を
最大限に引き出し、得意な部分は伸ばし、苦手な部分は補えるように
子ども達1人1人の特徴に沿った支援をしています。
そして自己肯定感を育てるためにも、小さなステップアップで
たくさんの達成感を感じ、やる気を育てるような指導を心がけています。
主軸としている運動療育プログラムでもそのような内容で組まれているので、
子ども達の能力を確実に伸ばすことができます。

フランチャイズの教室もどんどん増えています。
ぜひ一緒に子ども達の将来のための活動をしていきましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.