自閉症スペクトラムでは、言葉の背後にある意図まで理解できないので話す側の配慮も大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-12-19

自閉症スペクトラムなど発達障害を持つ人達は、
相手と会話の意図を理解しあうことが難しく、困惑することが多々あります。
特に経験値の少ない子どもであればなおさらのことです。

例えば「ちょっと待ってて」の「ちょっと」はどれくらいの時間なのか、
「ちゃんとしなさい」の「ちゃんと」とはどういうことなのか、
具体的に指示されなければ、わからないことへの不安などから
パニックになってしまうということもよくあります。
話す側が、聞く側がどんな風に理解するかをイメージしながら話し、
曖昧な表現を避け、具体的にストレートな表現をすることが必要です。

発達障害は先天性の脳機能異常により起こっているので、
他の人には想像できないこともたくさんあります。
そこで必要なのは、周囲の理解とサポートの力です。

私たちは放課後等デイサービスで、子ども達に療育を提供しています。
主軸の運動療育では、体だけでなく心や脳の発達にも力を入れています。
難易度調整のできる運動プログラムなのでどんな子でも行なうことができ、
日々やる気や達成感を感じながら、頭と体を使って成長を促します。

この運動プログラムを使ったフランチャイズ教室に興味をお持ちの方は、
下記の連絡先までぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.