自閉症の子は空間認知能力が劣っていることがあり、生活面で困難があります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-17

自閉症や発達障害の子どもは、空間認知能力が劣っている場合があります。
空間認知能力は、キャッチボールなどのスポーツだけでなく、
道を歩いていて前から来る自転車を避けることや、
地図を読解するような能力にもつながるので、
日常生活や学習面などあらゆる場面で必要な力です。

いろいろな方法で養っていくことができますが、
私達の放課後等デイサービスでは運動あそびによる運動療育で
子ども達の能力を最大限に引き出しています。
体を実際に動かすことで、体の様々な感覚も発達し、
自分の場所から対象物の位置への距離感なども正確にはかれるようになります。

生活面で役立つ力を遊びながら育てていけるので、
子ども達も抵抗なく取り組むことができ好評です。
発達障害を持つ子ども達が不安やストレスを減らし、
自立した生活を送っていけるように支援・サポートをする教室を
ぜひフランチャイズで始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.