脳内の神経伝達物質の不足もADHD特有の症状を引き起こすといわれています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-08-15

発達障害のADHDの代表的な症状は、
「不注意」「多動性」「衝動性」の3つです。
これらの症状が起こる原因の1つとして言われているのが、
ドーパミンやノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の不足です。

そのため、脳の中での情報伝達が正しく行なわれず、
ADHD特有の症状が出てくるのではと言われています。
しかし、なぜそのような状態になるのかなど
詳しいことはまだわかっていません。

大切なことは、二次障害を併発してしまう前に
正しい診断と適切な治療によって、
日常生活での困難さを軽減していくことです。
環境調整、ソーシャルスキルトレーニング、認知行動療法、
薬物療法など、本人に合ったものをうまく取り入れながら
生活がしやすくなるような支援・サポートが必要です。

お子さんであれば、児童発達支援や放課後等デイサービスで
生活の自立や社会性の向上などを目指して療育を受けることができます。

放課後等デイサービスは学校の終わった後の放課後の時間や
長期休暇に通うことができます。
様々な教室が増えていますが、私達の教室は運動療育を主軸とし、
学習サポートなども行なう総合教室です。

1人1人に合わせた方法で最適な療育活動を提供できるように
心がけていますので、子ども達は笑顔もできることも
どんどん増えています。

発達障害の特性によって、日々困難さを感じている子ども達を
支援する教室を、フランチャイズで始めてみませんか。
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.