知的な遅れがなくても社会生活に支障をきたす広汎性発達障害の子どもをサポートします。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-12-27

広汎性発達障害の中でも知的障害を伴わないのが、アスペルガー症候群や
高機能広汎性発達障害の子ども達です。
知的な遅れがなくても、生きにくさを感じていることが多く支援が必要です。

例えば、相手の気持ちを理解できなかったり、場にそぐわない発言をしてしまう、
強いこだわり行動があるなどのことで、社会生活ではトラブルが絶えません。
人間関係のトラブルは、精神的な症状にもつながることが少なくありません。
また、学習面でも困難さがあります。
問題で問われていることをイメージすることが苦手で内容を理解することができず、
授業についていけないことで、自己肯定感を下げてしまったりもします。

知的な遅れがなくても、やはり個別の対応が必要なのです。
私たちの放課後等デイサービスでも療育の1つとして学習サポートを行なっていますが、
子どもがやる気をなくしてしまっては元も子もないので、
その子が苦手としている部分は無理をせず、スローペースで、
そしてステップアップは小さくして進めることを心がけています。

そして、運動療育と組み合わせることでさらに効果を高めながら活動することができます。
子ども達が持っている能力を最大限に引き出せるように考えながら、
何よりも子どもが楽しくできることを大切に療育を提供する教室です。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方は、下記の連絡先までぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.