発達障害特性は基本的にはなくならないので生活しやすくなるように支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-11-10

発達障害の子ども達には、赤ちゃんの頃に抱っこされるのを嫌がったり、
幼児期になってからも手をつなぐのを嫌がるということがあります。

外出時に手をつながずに外を歩く場合、
多動性の特徴を持っていたり、まだ幼くて危険意識がない子どもでは
事故や怪我につながる可能性が高いので、対策が必要です。

手をつなぐのを嫌がる理由は、感覚過敏であることが多く、
この場合は手に触れられるだけで痛いと感じていることがあり、
無理につないだりしてはいけません。
服をつかませたり、ひもの端をお互いに持って歩いたり、
その子がやりやすく安全な方法を見つけることが大切です。

感覚過敏以外にも、行動を制限されることが嫌だという場合あり、
理由に合わせた対応が必要になります。

発達障害も感覚過敏も基本的には治らないので、
日常生活への悪影響を最小限にして生活をしやすくするために、
本人が上手に対処法を身に付けていくことと、
周囲の理解と支援が大切になります。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害特性を持つ子ども達、
障害によって暮らしにくさを感じている子ども達に療育支援を提供しています。
子どものうちから療育を受けておくことで、大人になるまでに
症状が改善されて暮らしやすくなったり、自分の特性を理解して
自分で対処できるようになったり、特性を活かして生活していくことも
十分に可能です。

私達は放課後等デイサービスの教室を全国にフランチャイズ展開して
子ども達を支援しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.