発達障害特性での感情コントロールの難しさに悩む子ども達がいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-07-06

発達障害の子ども達の中には、自分の思い通りにならなかったり
どうしたら良いかわからなくなると、急に怒って怒鳴ったり
泣きわめいたりしてしまい、感情のコントロールに悩んでいるという
子ども達がとても多くいます。

ただ「短気」とか「わがまま」ということではなく、
自分の気持ちを表現したり相手に言葉で伝えることが苦手で、
本人もどうしたら良いかわからなくて困っているケースが
多いので、気持ちが落ち着いたら話し合ってみたり、
できるだけストレスを減らしてあげるような工夫も大切です。

発達障害特性による症状は、周囲も戸惑ったり大変と感じることも
多いですが、一番困っていて苦痛を感じているのは
その子本人だということをいつも念頭におきながら
接していくことがとても大切なことです。
子ども達が毎日の生活を安心して落ち着いて過ごすことが
できるように、私達も支援・サポートをしていきたいと思います。

私達は、発達障害やその特性を持つ子ども達に療育活動を
提供する放課後等デイサービスの教室を展開しています。
教室では、独自の運動療育プログラムを用いた運動療育、
学習サポートなども個々に合わせて提供しています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.