発達障害児は様々な要因から睡眠障害になることがあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-06-20

発達障害のある子の多くは睡眠に何らかの問題を
抱えていることが多く、二次障害として睡眠障害を
併発していることも少なくありません。

寝付くまでにとても時間がかかり、
眠る直前まで動き回って突然倒れるように眠ったり、
夜中も1時間おきに起きて泣いたり暴れたりすることもあり、
本人だけでなく家族もとてもつらくなってしまいます。

発達障害児が睡眠障害になる原因としては、
感覚過敏や脳内物質の不足、切り替えの困難さなど
様々なことが関係しています。
そのため、朝早く起こせば夜早く寝るようになるとか、
日中の運動量を増やして疲れさせれば良いとか、
簡単な問題ではないのです。

その子に一番合った方法を見極め、少しでも早い段階で
改善につなげていけることが大切です。

私達の放課後等デイサービスの教室では、
発達障害や発達障害の傾向があるお子さんに運動療育や
学習サポートなど様々な形で療育を提供し、
子どもの力を総合的に伸ばしていけるように活動しています。

主軸としているのは、脳機能を高める効果が認められた
運動療育プログラムを用いた運動療育ですが、
教室ごとに、子ども達が楽しみながら能力アップを
目指せるようなプログラムを取り入れて、
他教室にはない特色を出しています。

私達の教室は、全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
下記までご相談ください。
教室開所に向けて、私達がしっかりサポートします。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.