発達障害児の生活も成長も環境や支援の仕方で大きく変わってきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-04-03

発達障害やその特性を持つ子ども達が小学校に上がる時、
就学先の選択肢は、通常学級、通級、特別支援学級、特別支援学校と
幅広くあり、その選択はとても頭を悩ませるものです。

しかし、就学相談や面談、体験などを経て就学先を選択しても、
実際に入ってみてからの学校やクラスの雰囲気、先生によっても
子どもの過ごしやすさや成長度合いには違いが出てきます。

例えば授業中にいつも落ち着きなく動き回っていて
問題行動が多いとされてきた子が、違う小学校に行ったら
落ち着いた状態できちんと授業を受けられるようになったというケースも
あるほど、周囲の環境や支援に仕方によって大きく変わるのです。

もちろん、必ずしも手厚い支援が良いということではありません。
発達障害の子ども達もいずれは社会に出て自立していかなければ
いけないので、その子に合った支援と将来に向けた関わりが必要です。

私達は放課後等デイサービスの教室でこうした子ども達に
療育支援を提供しています。
運動療育や学習サポートを中心とした療育活動で
子ども達が毎日の生活をスムーズに安心して暮らせるように
1人1人に合った支援を行なっています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.