発達障害グレーゾーンの子ども達は適切な支援で困り事が解消しやすい状態です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-01-25

自分の子どもが「発達障害の疑いがある」
いわゆるグレーゾーンだと言われたら、
不安になったりとても複雑な気持ちになる方が多いと思います。
現段階で発達障害ではないと言われたとしても、
実際に困っている症状があるのだとしたら
診断がないことで十分な支援が受けられないのではないか、
と心配になることも多いかもしれません。

しかし、診断名がついていなくても受けられる支援は
たくさんあります。
就学前のお子さんなら児童発達支援、就学児なら
放課後等デイサービスは発達障害の診断がなくても
受給者証があれば少ない自己負担額で通い、
療育を受けることができます。

また、グレーゾーンの子ども達は適切な支援によって
改善しやすいのも特徴なので、早い段階で適切な支援を
受けて困り事を減らしていくことが大切です。
私たちの教室にも多くのグレーゾーンの子ども達が
通っていますが、その子に合った支援をすることで
落ち着いて座っていられるようになったり、
指示が通りやすくなったり、パニックやかんしゃくが減って
自分で考えて行動できるようになったり、
少しずつ困り事も減っていきます。

それは子ども達の生きやすさにつながるので、
1人1人に合った療育活動で今後もサポートをしていきたいと
思います。
私たちの教室は全国にフランチャイズ展開し、
子ども達をサポートしています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.