発達障害への療育は幼児期から行なうことで適応力が伸ばせます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-06

自閉症スペクトラム、ADHD、学習障害などの発達障害が、
幼児期に診断された場合は、早期の療育を受けることで
コミュニケーション能力の発達を促し、適応力を伸ばしていくことができます。
また、発達障害では言葉による指示ではわかりにくいことも多いので、
絵カードや写真、図などを使った視覚的なコミュニケーションをすることで
子どもの不安が減るので、パニックを起こしやすい子も
次第に気持ちが落ち着いてパニックを起こすことが減ってきます。
このように早期に療育を開始することは、
子どもの特徴を理解し、必要なサポートを行なっていくことに役立ちます。

私たちの放課後等デイサービスでは、子どもを預かるだけではなく
運動療育や学習サポートなどの療育活動をしています。
子どもの特徴に合った療育カリキュラムで、何よりも楽しみながらできる活動を心がけています。
運動療育プログラムは、脳の前頭前野の活性を高める効果のある独自のプログラムを用い、
子どもの段階に合った内容で提供できるようになっています。

このような教室を開き、子ども達の支援をしていく活動を一緒に始めませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.