発達障害への周りの無理解や、小学校での“みんなと同じように“ が原因で頭痛が起こることもあります。

2015-11-08

発達障害の子どもたちが頭痛に悩まされていることがよくあります。
原因は発達障害にあるのではなく、発達障害への周囲の無理解などが
ストレスになり、頭痛を引き起こしているのです。

発達障害の子どもは、物事によって得意、不得意の差が激しいので、
小学校などで求めらる「みんなと同じように」はとてもストレスになります。
そもそも発達障害に気が付いていなかったり、気が付いていても親が認めたく
なかったり、周りが発達障害についての知識がなく、どう対応していいか知らな
かったりすると、みんなと同じようにすることが求められるので、子どもは大き
なストレスを抱え、頭痛などの二次障害が起こりやすくなります。

発達障害の子どもには適切な療育を行い、症状を少しでも軽減させてあげるこ
とが大切になります。
私たちはそんな子どもたちへの療育プログラムとして、「柳沢運動プログラム」
を、放課後等デイサービスで提供しています。このプログラムは脳機能を向上さ
せ、子どもたちの能力を上げることが立証されています。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.