発達障害は診断が難しく見えにくいこともありますが困り事に沿った支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-07-13

現在の段階では、発達障害の診断は脳波やMRIなどの検査で
明確に数値が出て判断ができるわけではありません。
国際的な基準を元に成育歴の聞き取りなど
様々な情報を元にして診断がされています。

そのため、障害との明確な境界線がないのが発達障害の特徴です。
大事なことは、特性による困り事が生活面や対人関係面、学習面などで
起きていれば、少しでも早く適切な支援をしてあげることです。

中には見えにくい、理解されにくい特性もありますが、
子ども達が感じている生き辛さを軽減してあげられるように
身近な大人がしっかりと見て対応をすることが大切です。

私たちは放課後等デイサービスの教室で、発達障害と診断されていたり
発達障害の特性を持ちサポートが必要な子ども達に
療育支援を提供しています。
運動あそびによる運動療育を主軸として、子ども達の体の発達だけでなく、
社会性やコミュニケーション能力、語意力、集中力、判断力など
日常生活で必要なあらゆる力を養っていきます。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.