発達障害の特性は集団生活の場で顕著に現れることが多くあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-03-07

発達障害による困難さを軽減していくためには、
何よりも早期発見と適切な療育などのサポートが必要ですが、
発達障害の症状や特性は様々で、
家庭では問題ないように見えても保育園や幼稚園の
集団生活の場では目立つこともあるようです。

気付きのポイントとなる項目の例として、
言葉の発達、コミュニケーション能力、社会性の発達、
こだわり行動の有無、多動性や衝動性、不注意、感覚過敏などがあります。
子どもに気になる点があれば早めに専門機関へ相談することも大切です。

そんな時大切にしたいのは、子どもが抱えている困難を理解し、
子どもが生活しやすい環境を作っていくことです。
そのために必要な支援方法を専門家と相談し、
周囲がサポートしながら子どもの育ちを促していくことが必要です。

私達は放課後等デイサービスのフランチャイズ教室を全国に広げ、
自閉症、アスペルガー症候群、ADHD、LD、ダウン症など様々な
発達障害に悩む子ども達に療育を提供しています。

主軸としているのは「脳機能を向上させる運動プログラム」を
用いた運動療育です。
運動といっても内容は、子ども達が遊び感覚で取り組める運動あそびです。
そこに子ども達の認知力を高める要素をいれ、体と脳の発達を促しています。
そして、自己肯定感を高めながら成長していけるような
指導を心がけ、心の発達も大事にしています。

放課後等デイサービスのフランチャイズ教室を開いて
子ども達の支援をしていきませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.