発達障害の有無に関わらず、脳の前頭葉を鍛えることは大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-08-24

脳の最高司令部と言われる前頭葉は、
・考える
・判断して実行する
・我慢する
・人の気持ちを感じ取る
などの、人が生きていく上でとても重要な役割を担っています。
この部分の機能が低下すると、日常生活でも支障が出てきます。
発達障害の有無に関わらず前頭葉を鍛えることは必要なことですが、
特に発達障害を持つ子たちには脳機能を向上させることで
日常生活のレベルを上げ、気になる症状を改善させていくことが必要です。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズの教室では
運動療育や学習サポートなどを行っていますが、
脳機能について専門の知識を持った職員が指導をしています。
ただ体を動かすだけではなく、脳の働きを活性化させながら
楽しく効果的に療育活動ができるようになっています。
運動の内容は簡単な運動あそびなので、運動が苦手なお子さんでも
遊び感覚で取り組むことができます。
そして遊んでいくうちにできることが1つずつ増えていき、
体を動かすことをどんどん好きになってくれます。

子ども達が日々成長する様子を保護者の方と一緒に喜びながら、
子ども達の未来のために支援をしていきたいと思っています。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.