発達障害の子ども達は日常生活に多くの困難を感じていて、支援を必要としています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-31

発達障害の子ども達は、先天的に発達に凹凸があり、
できることとできないことの差が大きいこと、
物事の感じ方や感覚なども違っていることなどから
日常生活に様々な生き辛さを感じています。

しかし、見た目でわかる障害ではなく
定型発達との境界も曖昧であるために、
周囲もなかなか気付かないことがあります。
そのために、子どもが言うことを聞かなかったり
かんしゃくを起こすと、しつけの問題だと言われ、
子どもに厳しく当たってしまうケースも少なくありません。

発達障害の子の問題行動は障害ゆえのものなので、
厳しく叱ってできるようになるものではありません。
足が悪い人に無理矢理歩けと言ったり、
視力が弱い人にがんばって見るように言っても
できないのと同じことなのです。

ただ、一生できないわけではありません。
適切な療育、支援を受けることでできなかったことも
少しずつできるようになったり、
自分なりの方法を見つけて、そこを補っていくことができます。

私達の放課後等デイサービスでは、発達障害や発達の遅れが気になる
子ども達に療育を提供し、力を引き出す支援をしています。
1人1人に最適な支援方法を考え、無理矢理やらせるのではなく
子どもが自主的に楽しくできるように工夫した療育活動です。

子ども達を支援する放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
教室の運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡ください。
私達が教室開所に向けてしっかりサポートいたします。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.