発達障害の子ども達にとって学校生活はストレスが多く、個々への支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-01-31

学校など集団生活の場は、発達障害のある子ども達にとっては
とても辛い場面が多くあります。
思ったことを口にしただけなのに「空気が読めない」といわれたり、
どんなにがんばってもうまくできないのにバカにされたり、
急に予定が変わることが多くて不安でしかたなかったり、
光や音などの刺激で辛くていられないのに我慢を強いられたり、
対人関係や学習面、生活面でのストレスが絶えません。

また、「みんなと同じように」とか「努力すればできるはず」という
周囲の考えは子ども達を苦しめるだけのことが多いので
避ける必要があります。

発達障害の子ども達にとっては、他の人達が難なくできることが
とてつもなく難しかったり苦痛なことが多いので、
みんなと同じようにすることを求めるのではなく、
その子のペースで必要な力を身に付けていけるような
療育支援が必要になります。

個々の症状や特性に合った療育を受けることで、
スムーズにスキルを習得していくことができるので
本人もどんどんできることが増えて自信を付けていくことができます。
自信をつけ、自己肯定感を高めることは療育活動の中では
とても重要なことで、療育の効果も高まります。

私達の放課後等デイサービスの教室では、運動あそびによる
運動療育を療育の主軸としています。
運動は「できる・できない」がはっきりと見えるので、
できたことで直接自信につながります。
また、運動によって得た自信は全ての活動の源になります。

障害特性で悩みやストレス、不安や生き辛さを抱える子ども達を支援する
放課後等デイサービスの教室を、私達は全国に広く展開しています。
放課後等デイサービスのフランチャイズでの教室運営に
興味をお持ちの方は、ぜひ私達にご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.