発達障害のある子はトラブルが絶えずいじめの対象になってしまうことも。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-25

ADHDや広汎性発達障害などは目に見える障害ではないため、
症状が軽い場合などは周囲がなかなか気付かないこともあります。
しかし、何らかの症状はでているので周囲とのトラブルは絶えず、
それが原因で学校でいじめの対象になってしまうこともあります。
ただでさえストレスを感じやすいと言われている発達障害の子達が、
人間関係の悪化でさらにストレスを感じることになるのです。
そして、高学年になった頃には自分の失敗の多さに悩み、
自己否定感から抑うつ状態になってしまうこともあります。
そうすると不登校や、長く引きこもることにもつながってくるので
早い段階での対応がとても大切になります。

本人や周囲が発達障害について理解することはもちろん、
療育活動も欠かせません。
子どものうちに療育を受けることで、症状は改善し
大人になる頃にはほとんど問題なく生活できるようになる人もいます。
個人差はありますが、早期の適切な療育がカギなのです。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでも、
発達障害も持つ子ども達に療育を提供しています。
独自の運動療育プログラムを使った運動療育、学習サポートなどを行なう総合教室です。
運動療育プログラムの内容は簡単な運動遊びで、
1人1人の発達の段階に合わせた内容で提供することができます。
楽しく積極的に取り組める工夫がしてあるので、
無理なく安全に行なうことができ、たくさんの力を育てていくことができるのが魅力です。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.