発達障害のある人は環境さえ合えば大きな力を発揮する可能性もあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-10-19

自閉症やアスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害では、
周囲と同じように行動することが苦手でいつも怒られてばかりいたり、
対人関係の問題などで悩み、自己肯定感を下げてしまうことが多くあります。
自己肯定感の低下は、精神疾患につながりやすくなってしまうので、
早期の対応が大切になります。

発達障害を持つ人たちが生きやすくなるようにするには、
その人に合った環境を考えることがとても重要です。
まずはその人の特性を理解した対応をすること、
できないことは無理にやらせないことも大切です。

私たちは放課後等デイサービスで発達障害の子ども達に療育を提供しています。
様々な種類の発達障害を持つ子ども達が通っています。
同じ診断名を持つ子でも、個々に症状の強さや特性は異なります。
1人1人としっかり向き合い、持っている力を伸ばしながら必要な力を補えるように考えています。

主軸の運動療育は、運動が苦手な子でもいつのまにか夢中になって遊ぶことができる、
楽しい運動あそびを行っています。
遊びから力をつけていくと身につきやすいので、とても効果的です。

教室はフランチャイズで全国展開していますので、興味をお持ちの方はご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.