発達障害による症状は多岐に渡り、個々の困り事に合わせた支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-03-22

発達障害には、ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)
などがあり、それぞれに特徴がありますが、
1人1人が違った特徴を持っていて、100人いれば100通りの
症状や特性があるといえます。

そして、中には自分の才能を開花させて驚くべき能力を発揮し
名前を残す人もいますが、自分の才能に気付いてそれを伸ばし、
さらに成功までできる人はほんの一握りに過ぎません。
多くの人は生き辛さを感じながら、二次障害に悩まされながら、
必死に生活をしています。

こうした発達障害特性を持つ子ども達が、少しでも生きやすくなり
将来安心して自立した生活ができるように
私達は放課後等デイサービスの教室で療育支援を行なっています。

子ども達が持っている特性や感じている困り事は個々に違うので、
1人1人に合わせた療育カリキュラムで支援をしています。
適切に療育を受けることで、落ち着きのなかった子はじっとして
話を聞けるようになり、ちょっとしたことでパニックを起こしていた子は
臨機応変に考えられるようになってパニックが減るなど
少しずつ確実に改善していきます。
そして、発達障害での大きな問題である二次障害も予防することができます。

子ども達を支援する放課後等デイサービスの教室を、
フランチャイズで始めてみませんか。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.