発達障害による生き辛さは環境調整で大きく変わります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-06-20

発達障害の人は、そうでない人とものの見え方や感じ方、
考え方などが異なっています。
しかし、発達障害は先天的な障害のために、自分が人と何が違うのか、
他の人はどう感じているのかなどがわかりません。
なので、自分の苦手なことやわからないことを理解するのも
言葉にして相手に伝えることも難しい状態です。

そして、それによって起こる生き辛さは周囲の人の配慮や気遣いで
ぐっと楽になることも多いようです。
つまり、環境さえ調整できれば本来持っている能力を発揮したり、
力を伸ばしていくことができるのです。

定型発達の人からしても、発達障害による困難さはなかなか想像が
しにくいことも多いですが、その人の特性を知り、
その軽減や改善の方法を一緒に考えていくことが大切です。

私達は放課後等デイサービスで、発達障害やその特性を持つ子ども達に
療育支援を提供しています。
1人1人の困り事、特性に合った療育を行なうことで
無理なく効果的に症状の改善を促すことができ、
自分なりの対処法を身につけることができるなど
毎日の生活が送りやすくなります。

また、私達の教室で主軸として提供している運動療育プログラムは
脳機能を向上させる効果があることが学術的に証明されている
プログラムで、発達障害の子ども達にも有効であることがわかっています。

この運動プログラムを用いた放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.