発達障害とわかったら早期にその子の特性に合う環境を作ることが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-08-04

広汎性発達障害は、自閉症やアスペルガー症候群などを含む発達障害の一種で、
主な症状としては
・社会性や対人関係の障害
・コミュニケーション能力の障害
・興味や行動の偏り
といったものがあります。
他にも、かなりの割合で感覚過敏の症状も見られるようです。

これらの症状は、社会の中で生きていくためには困難なもので、
子どものうちからの早期療育や個々にあった適切な教育が必要になります。
早い段階で適切な対応を始めることで、個性を強みとして
活かすこともでき、生活上での困難さも解消されていきます。

私たちの放課後等デイサービスでは、子ども達の5年後10年後を見据えて療育を提供しています。
子ども達が大きくなって、社会で自立した生活ができるように、
必要な力をしっかり育て、サポートしていきたいと思います。

教室は全国にフランチャイズ展開しています。
発達障害の子ども達の支援をする教室に興味をお持ちの方は、私たちにご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.