発達障害で大人になって苦労しないために。放課後等デイサービスのフランチャイズで療育を。

2016-02-24

発達障害の一つである高機能自閉症は、3歳ころまでにだいたいわかります。
しかし、程度に差があるので、中には大人になるまで発見できず、
周囲とうまく人間関係が作れなかったり、自分は怠け者だと思い込んでしまったりと
大きな悩みを抱えて育ち、精神疾患などの二次障害を患ってしまうこともあります。

高機能自閉症では、他人との人間関係の形成が困難で、
言葉の発達の遅れが見られ、特定のものに強くこだわるという特徴があります。
本人はなかなか気付きにくいので、周囲の大人が早期に気付き、
診断を受けてきちんとした療育活動を始めることが、
症状改善のための大事なプロセスです。

私達の放課後等デイサービスでは、発達障害を持った子ども達を受け入れ、
さまざまな療育を提供しています。
発達障害は生まれつきの脳機能の不具合により起こるといわれているので、
脳機能を上げることがわかっている独自の運動プログラムを用い、
日常生活のレベルが上がるように支援しています。

ぜひ、あなたも放課後等デイサービスのフランチャイズを始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.