発達障害では適切な療育を受けることで将来の自立が目指せます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-03-29

ASD(自閉症スペクトラム)もADHDもLD(学習障害)も
発達障害は全て先天性のものです。
そしてその原因は脳機能障害によるものとされているので、
薬や治療によって完治するものではありません。

また、同じ診断名でもその症状の程度や現れる特性には
個人差があり、共通点はあるもののまさに十人十色です。
そのため、療育を行なう際にもその方法は一律ではなく、
個々の症状や特性に沿ったものが必要です。

発達障害のある子ども達は日々、様々な不安やストレスの中で
戦いながら生活をしています。
そのために、パニックやかんしゃくを起こすこともありますが、
理解度が高まったり、他の表現の方法を獲得していくことで
落ち着いてくるので、その子のペースで発達を促していくことが大切です。

私達の放課後等デイサービスの教室では、
運動療育を主軸として様々な療育活動を提供していますが、
1人1人の発達段階に合わせて、
あと少しがんばったら達成できるところに目標を定めることで
たくさんの達成感を感じ、成功体験を積んでいけるようにしています。

達成感や成功体験は本人の自信になり、
生活面でも学習面でもいろいろなことに挑戦していく糧になります。
子ども達が大きくなって社会に出るとき、
自立した生活ができるように生活に密着した支援をしています。

教室は全国にフランチャイズ展開しています。
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.