発達障害では自己肯定感を下げやすいので二次障害を防ぐ療育が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-09-01

発達障害の子ども達は、脳の特性ゆえに生活全般で苦手なことが多く、
常に周りの子よりも努力することを強いられています。

そして、小さい頃から周囲の人に怒られたり指摘されたりすることが
どうしても多くなるので、自己肯定感が下がり、
自分に自信を持てなくなってしまう子ども達が多くなります。

年齢が上がるにつれて、子ども自身も違和感を感じはじめ、
「みんなは簡単にできることがどうして自分だけできないんだろう」
「自分はみんなと違ってダメな人間なんだ」と思い込み、
精神的な二次障害を患ってしまうケースも少なくありません。

発達障害で怖いのは、二次障害です。
それを防ぐためには、早期からの療育支援を受けることが大切です。

私達は、放課後等デイサービスで発達障害特性に悩む子ども達に
運動療育や学習支援など、様々な形で療育を提供しています。

早期から適切に支援を受けることで、二次障害を防ぎながら、
子ども達が将来大人になる頃には、日常生活にほとんど支障を来たさないほど
症状が改善したり、自分の特性との上手な付き合い方や
特性の活かし方を身に付けておくことができます。

子ども達が社会に出た時に感じる困難が少しでも減るように支援する
放課後等デイサービスの教室を開いてみませんか。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.