発達障害では学校以外での療育の場も重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-06

多くの小学校に設置されている特別支援学級では、
日常生活における基本的な生活習慣の習得も
学校生活の中で行なってくれます。

食事、排泄、衣服の着脱などの指導を、
子どもの発達に合わせて指導してくれることが多いですが、
食事での箸の持ち方の上達や、衣服の着脱時のボタンの
留め外し、靴ひもを結ぶなどの手先の細かい動作は、
指先の器用さが発達していなければ難しいことがあります。

私達の展開する放課後等デイサービスのフランチャイズ教室では
運動療育を主軸として療育を提供しており、
運動が苦手な子でも楽しく取り組める運動あそびで
子ども達の心・体・脳の発達を促しています。

運動療育によって、体幹が養われて長時間でもじっと座って
いられるようになったり、人に興味を持ち、話が聞けるようになったり、
身の回りのことを自分でできるようになったりと
子ども達はどんどん成長していきます。

もちろん発達障害による特性が消えることはありませんが、
日常生活にほとんど支障を来たさないほどに改善したり、
自分なりに特性への対処法を身につけることができたりするので、
生活面での困難が大きく減ります。

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)、ダウン症、
知的障害など様々な発達障害や困難がある子ども達を、
放課後等デイサービスの教室を開いて支援してみませんか。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開しているので、
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ、下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.