発達障害があるとかんしゃくが収まらず本人にもストレスになります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-07

2歳頃の子どもがかんしゃくを起こして困る、というのはよくある話です。
かんしゃくを起こすのは、何か気に入らないことがあった時や眠い時、
気持ちがうまく伝わらない時、感覚過敏など様々なことが原因になります。

これは定型発達の子でも発達障害の子でも起こりますが、
発達障害の子はかんしゃくの強さや回数が多く見られます。
そして、一般的にかんしゃくを起こすのは保育園に上がる前の
2歳から3歳頃までですが、発達障害があるとなかなか収まりません。
やはり、入ってくる情報を整理することが苦手だったり、
自分の感情をコントロールすることや、言葉で表現することが苦手だったりするので
人より不安やストレスが多いのです。

これらのことを改善するのは、「療育」です。
まず、感情や行動のコントロール力を向上させるためには
「体を動かすこと」がとても効果的です。
実際に、私達の放課後等デイサービスで運動あそびによる運動療育を
受けている子ども達は、かんしゃくやパニックを起こすことが減っています。
それは子ども本人のストレスや不安を減らすことにつながるので、
精神面でも大きな効果があります。

子ども達が社会の中で生活しやすくなるような支援を行なう教室です。
教室をフランチャイズで始めたい方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.