発達検査は発達障害診断を確定するものではなく適切な支援のために重要になります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-25

子どもに発達障害があるかもしれないと思った時に
受ける発達検査には、いくつかの種類があります。
発達検査は、それによって発達障害を確定診断をするものでなく、
診断の1つの材料になるもので、その人の今後の療育支援の
計画を立てるためにもとても重要なものです。

発達検査の後に、発達障害の確定診断を受けるかどうかは
自由ですが、必要な支援は受けられるようにしなければいけません。
診断がなくても、児童発達支援を受けることは可能です。

私達も放課後等デイサービスの教室を全国に展開し、
発達障害やその傾向がある子ども達に療育支援を行なっています。
主軸としているのは、運動療育です。
楽しく体を動かして遊ぶことで脳機能を活性化させながら、
日常生活に必要な基礎体力や運動能力、
手先の器用さ、感情コントロール力、社会性など
様々な力の発達を促していくことができます。

運動療育の他にも学習サポートなど、教室ごとに様々な
療育支援を行なう総合教室です。
発達障害と診断されたり支援を必要とする子ども達が
増えている今、療育施設の需要は高まっています。

放課後等デイサービスの教室を、フランチャイズで始めませんか。
私達がサポート致しますので、ぜひ下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.