療育で障害を持つ子ども達が生活しやすくなるようにサポートします。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-27

療育は、何らかの障害を持った子ども達が受ける治療教育で、
生活の不自由をなくし、生活がしやすくなるようにサポートするものです。
そして、早期に取り入れることが効果的ですが、
症状が軽度だったり、LD(学習障害)のようにある時期になるまでは
なかなか発見しづらいという障害もあるので、
周囲の大人がよく観察してあげることが大切です。

症状が軽度であっても、発達障害の特性があれば生活の中で
様々な困難を感じているはずです。
1日でも早く気付いて対応をしていくことが、
子どもの心身の健康や将来のために必要なことです。

私達の放課後等デイサービスの教室では、
様々な発達障害を持った子ども達に療育を提供しています。
自閉症やアスペルガー症候群、ADHD、ダウン症など
個々に持っている症状や特性、対処法方が異なるので、
1人1人に最も効果的な方法を見極め、療育を行ないます。

主軸は「脳機能を向上させる運動プログラム」を用いた運動療育です。
運動あそびで楽しく体を動かしながら、
認知的な部分の発達を促し、人と関わることや言葉の発達など
様々な能力を身につけていけるようにしています。

障害を持つ子ども達が生きやすくなるように支援をする教室を
フランチャイズで始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.