特別支援学級の支援の手厚さは学校によって全く違います。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-04-10

特別支援学級は、発達障害などで
支援が必要な子ども達が通う学級ですが、
学校によってその手厚さはまったく違います。

必ずしも手厚い支援が子どもにとって良いわけではなく、
発達障害の症状が軽度だったり、
診断名のついていないグレーゾーンの子ども達には
自分自身でいろいろな経験を積んで学習していく方が
良い場合があります。
経験を積めないままで苦労をするのは子ども自身なので、
その子に応じた支援ができる環境が何より大切です。

学校だけでなく、療育施設でも同じです。
どんなに良い内容でも無理やりやらされていたり
その子の特性に合っていないやり方ではかえって
逆効果になることもあります。

私達の放課後等デイサービスでは、個々の症状や特性に応じた
支援を大切にしています。
主軸としているのは運動療育で、個々の運動能力や
発達段階、得意不得意などに合わせて提供しています。
内容は運動あそびなので、遊び感覚で楽しく取り組むことができます。

この運動プログラムは、脳機能を高めることが実証されているので
信頼度も高く、全国の自治体や教育委員会でも採用されています。

この運動プログラムを用いたフランチャイズ教室を開いて、
支援の必要な子ども達をサポートしていきませんか。
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ私達にご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.