普通学級でも特別支援学級でも子どもにとってより良い環境作りが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-03-30

子どもが発達障害と診断されていても、
親としてはみんなと一緒に普通学級に通わせてあげたいと
思うのは決して少なくない考えだと思います。

しかし、本人にとってどうかが一番大切なことです。
周りの友達と同じようにできない、
自分だけわからない、いつも注意されてばかり、
こうした状況では精神的にもつらくなってしまいます。

今はいろいろな支援方法があります。
普通学級に籍をおきながら苦手な教科だけ
支援学級に行って授業を受けるという通級を利用している
子ども達もたくさんいます。

発達障害やグレーゾーンの子ども達が、
つらい思いをしない環境が何よりも大切です。
そして、本人のためにも学校以外の場での療育を
取り入れていくことが大切になります。

私達も放課後等デイサービスの教室を展開し、
ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD、ダウン症など
発達障害の子ども達、その傾向がある子ども達に
運動療育や学習サポートなどの療育活動を提供しています。

療育は、強制的にやらされるものでは効果が薄くなり、
継続していくことも難しくなります。
そこで、子ども達が自主的に取り組めるように
楽しい活動であること、その子の発達段階に合ったものを提供することを
大事にしながら療育をすすめています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開しています。
発達障害の子ども達を支援する教室を始めてみたい方は、
ぜひ私達にご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.