学習障害も先天性の脳機能障害で努力だけでは改善が難しく療育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-08-10

発達障害の1つであるLD(学習障害)は、
知的な発達の遅れはなく、「読む」「書く」「聞く」
「話す」「計算・推論する」能力のうち
特定の苦手な分野以外の能力では問題がみられないのが特徴です。

そのため、苦手なことがあってもなかなか理解されず、
先生やクラスメイトから
「できるはずなのに怠けている。」「ふざけている。」
「やる気がないからだ」などと誤解されて
叱られてしまうこともあります。

本人は一生懸命に他の人より努力していても
周りの友達がみんなできることが自分だけできない。
でもどうしてできないのかがわからない。
それを人に話しても理解してもらえないし、
叱られたりバカにされたりするばかりで
できる方法は教えてもらえない。
そんな悲しい思いをしている子ども達がいます。

学習障害も先天性の脳機能の障害なので、
努力だけでどうにかなるものではありません。
そもそも字の見え方や捉え方などが違ったりしているので、
個々に応じた理解を促す学習方法が必要なのです。

私達は放課後等デイサービスの教室で、運動療育や学習サポートなど
の療育活動を提供しています。
どんな時も焦らずスモールステップで進めることを大事にし、
多くの達成感や成功体験を積むことができるようにしています。

子ども達が日々の療育活動の中で、日常生活で必要な能力や
将来必要になる力を少しずつ確実に身に付けていけるように
サポートする教室です。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.