学習障害は就学前に見つけるのが難しく支援が遅れることが多々あります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-07-03

学習障害(LD)は知的な遅れがなく、特定の苦手な分野以外では
他の子と同じようにできるので、見過ごされてしまうことも
多い発達障害です。
また、その特性から就学前の時期に見つけることが難しく、
適切な対応が遅れてしまうことも少なくありません。

学習面では、学年が上がるにつれて内容が複雑になることや、
子ども自身も次第に自分だけができないことで
悩みを深めてしまいがちです。
他の子と同じようなやり方で努力するのでは、効果が薄く
本人が辛い思いをするだけになってしまうので
早期の適切な対応でサポートしていくことが必要です。

私達の放課後等デイサービスでは、特に運動療育と学習サポートに
力を入れています。
1人1人の特性、症状に合わせた療育カリキュラムで
無理なくスモールステップで力をつけていけるように行なっています。
運動療育では、運動能力や体力を上げるだけでなく、
友達と一緒に楽しく体を動かす運動あそびで、生きていくのに必要な
スキルを身につけたり、生活力全般の向上を目指しています。

さらに、私達の提供する運動あそびでは脳機能を向上させることが
証明されているので、定型発達の子ども達にも発達障害や
その特性を持つ子ども達にも効果的です。

発達障害の子ども達、グレーゾーンの子ども達など
支援を必要する子ども達はどんどん増えています。
私達の放課後等デイサービスの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
子ども達をサポートする放課後等デイサービスの教室を
始めてみたいという方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.