周囲の理解不足で苦しんでいる発達障害児を放課後等デイサービスのフランチャイズで助けてあげましょう。

2015-11-14

発達障害があると、情緒障害などの二次障害を生じやすくなります。
周りの理解不足や、体の感覚が敏感すぎることなどがストレスの原因となり、
心の問題を抱えてしまうことも少なくありません。
特に周りの理解不足からくる自己否定は、精神的ストレスの大きな原因です。

早期に子どもの特徴を知り、対応していくことが今後のその子に人生にとって
とても大切なことになります。
発達障害情報センターに相談するのも一つの方法です。

発達障害の多くは生まれつきの脳機能障害なので、
病気と違い治すことはできませんが、
周りの接し方や療育を行うことで症状は良くなっていきます。
今の対応が5年後10年後の姿を変えることにつながります。

私たちも発達障害の子どもたちへの療育プログラムを独自につくり、
放課後等デイサービスのフランチャイズで提供しています。
子どもが楽しく行えるように、学習支援や運動遊びをその子に合わせて行います。
ぜひ、子どもの生きる力を一緒に育んでいきましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.