叱るより褒めることで発達障害児の問題行動は落ち着いてきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-04-28

発達障害の子ども達を育てていると、問題行動や不適応行動などが
目につきやすく、叱りたくなることも多くありますが、
それらのことを減らしていくためには
叱るよりも具体的な指示を伝え、
できた時やがんばった時にはしっかり褒めることが効果的です。

例えばじっとして座っていることができない子でも、
1日の中に何回かはじっとしていることがあるので、
その時はすかさず褒めます。
パニックを起こした時も、パニックがおさまったら
いつもより早く落ち着けたことを褒めたり、
がんばって気持ちを整理できたことを褒めてあげることで、
だんだんと気持ちに折り合いをつけ、
感情をコントロールする力が身に付いてきます。

そして、褒める時は「すごい」や「えらい」という言葉だけでなく、
「〇〇がきれいにできてすごいね」
「〇〇ちゃんに積み木を貸してあげてえらいね」など
具体的に伝えることが大切です。

私達の放課後等デイサービスでも発達障害やその傾向がある子ども達に
療育を提供し、日常生活で必要な能力を少しずつ
身につけていけるように指導しています。
適切に療育を受けることで、じっとしていられるようになったり、
臨機応変に対応できるようになったり、
友達と上手に関われるようになったりと、
子ども達はどんどん成長していきます。

子ども達に寄り添いながら支援・サポートしていく
放課後等デイサービスの教室を、始めてみませんか。
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.