前頭葉の働きに弱さがあるADHD。運動療育が効果的です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-05-08

ADHDでは前頭葉の働きに弱さがあり、生活の様々な部分で支障を来たします。
例えば、考えることよりも五感からの刺激が優先されてしまう為に、
五感からの様々な刺激を遮断できず反応してしまいます。
そのために、物事に集中したり考えたりすることが苦手になってしまいます。

この前頭葉の働きを活性化させるためには
神経伝達物質のドーパミンが必要不可欠です。
このドーパミンは、運動によって効果的に分泌を促すことができるので、
体を動かす機会も適度に取り入れることがおすすめです。
また、ただ体を動かすのではなく、考えながら動いたり
友達に合わせて動いたりすることが大切です。

私達が展開する放課後等デイサービスのフランチャイズ教室では、
運動療育を主軸として、発達障害の子ども達に療育を提供しています。
発達障害やその傾向がある子ども達は、
体幹の筋力の弱さや運動の苦手さ、手先の不器用さなども
併せもっていることが多いので、
1人1人に必要な力を養っていけるように活動しています。

また、より多くの経験ができるように屋内だけでなく
屋外での遊びや体験も大切にしたり、
製作活動を楽しんだりと様々な活動を通して
子ども達の成長、発達を促しています。

フランチャイズ教室の運営に興味をお持ちの方は
私達がサポートしますので、ぜひご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.