トウレット症候群は認知度が低いですが支援が必要な発達障害です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-20

ADHDは他の発達障害と併発していることも多い障害です。
中にはトウレット症候群のような、まだまだ認知度が低いために
誤解されやすいものと併発している場合もあるので注意が必要です。
症状の程度や種類によっては周囲から誤解され、
理解してもらえないことで自己否定感にさいなまれ、
うつなどの二次障害を誘発してしまうことにつながります。
周囲の理解、サポートはとても大切なポイントです。

そして、発達障害の特徴を見極めた適切な療育が必要です。
ADHDは五感からの刺激を遮ることが苦手なので、
環境調整もとても大切になります。
私たちの放課後等デイサービスでは療育活動を行なっています。
その子に必要な、ストレスを減らすことのできる療育を心がけ、
日常生活でできることを増やし、将来につなげていくための支援をしています。

まだまだ支援が必要な子ども達がたくさんいます。
フランチャイズの教室を始めて子ども達を支援していきませんか?
いつでもご連絡お待ちしています。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.